小顔矯正で大変身

小顔矯正の情報が満載!

固まった筋肉を小顔矯正でほぐす

固まった筋肉を小顔矯正でほぐす 小顔矯正を行っていると、顔の筋肉が硬い部位があります。
それは顔の凝りが起こっている場所です。
顔が凝ると顔が重く感じられたり、表情を変える時に、顔のこわばりを感じます。
この顔の凝りの原因は、筋肉の疲労、血行不良、酸素不足です。
凝りが起こると血行が悪くなり、リンパの流れが滞ります。
そして老廃物が溜まりむくみが見られるようになります。
特に顔の飛び出している部位であり頬骨付近に顔の凝りが目立つようになり、顔が大きい印象を与えます。
小顔矯正はこの顔の凝りをほぐします。
顔の筋肉の付いている部位をほぐしていき、硬くなった部位は特に入念にほぐします。
その時稀に痛みを感じることがあります。
しっかりほぐして柔らかくして老廃物を流し、健康な顔を取り戻すためです。
自分で顔を触っても硬い部位を見つけることもできます。
触ってみて硬くて、少し痛みを感じる部位がある時は小顔矯正が必要です。
血行の良い健康な表情には小顔矯正は欠かせないものです。

リンパに働きかける小顔矯正

リンパに働きかける小顔矯正 あまり表情を動かさない人、マッサージの習慣のないような人というのは顔に老廃物が溜まりやすいです。
体のように運動をして改善させるのも難しい部位です。
もともとむくみやすい人は特に水分と老廃物が溜まって顔がむくんでしまいます。
夜遅くに水分を摂ってむくんだ経験もあるでしょう。
さらに溜まった老廃物が重力で引っ張られることで、たるみの原因にもなります。
目の下が年と共にたるんでしまうのも、巡りが悪く溜まった老廃物が原因です。
小顔矯正は単に頭部のマッサージや矯正というだけではありません。
日頃凝り固まった頭蓋骨の筋肉をほぐすことで、生活習慣などから歪んだ骨格が正しい位置へと戻りやすくなるのです。
施術を始めた頃は痛いと感じますが、何度か繰り返すうちにあまり痛くなくなってきます。
小顔矯正で歪みを整えることで、顔に溜まった老廃物がリンパへと流れやすくなります。
刺激を受けることでリンパへと老廃物や水分が排出されていきます。
施術が終れば顔全体がすっきりするだけではなく、不快な症状の緩和にも期待できます。


Copyright © 2018 小顔矯正で大変身 all rights reserved.